So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ペナン島でペナント探し [アジアあたり放浪の旅]

観光地のお土産物として代表的な物
それは提灯とペナントだった
どこの観光地でも提灯とペナントは有ったような気がする
自分は提灯派だったので修学旅行や家族旅行で
観光地に行くたびに「金閣寺」なと筆文字で書かれた
提灯を買って部屋の鴨居に飾っていた
提灯派ともう一つ他の派閥ペナント派
お土産ペナントとは、「金閣寺」「東京タワー」
と書かれた二等辺三角形の旗
金糸の紐で縁取りされていて大変に豪華な旗だ
P6236572_s.jpg
こういうお土産が日本の各地で売っていた

旅行好きな親戚の家に行くと壁にいろいろな
観光地のペナントが貼られていた事を思い出す

1950年代から80年代前半がお土産ペナントの全盛期
いろいろな日本の観光地でお土産としてペナントが
売られていた


今、マレーシアにあるペナン島を訪れている
マレー半島のバタワースという都市から
フェリーで20分くらいで訪問できる観光地
ビーチリゾートとしても有名だ
P6196125_s.jpg
フェリーの上からペナン島を望む、一際目立つコムタタワー

観光地ペナン島のお土産ペナントが欲しい
提灯派だったがペナン島ではペナントが
なんとしても欲しいのだ
ペナン島を回ってペナントを探そう

探すためにあらかじめ問い合わせメモを
ホテルで作った
マレー語「bendera kejohanan」(発音できない)
アメリカ英語で「a pennant」
イギリス英語で「a championship flag」
あとお土産ペナントの絵を書いたメモだ
これを見せながら探せば探せるに違いない
P6236573_s.jpg
ほんやくこんにゃく的な物

まずは観光スポット
ジョージタウンにあるコーンウォリス要塞にやって来た
P6216237_s.jpg
この要塞は1786年にイギリス東インド会社の
フランシス・ライトが町の建設を始めた場所と言われている
イギリス・インド・フランシスと単語が並ぶが
ここはマレーシアのペナン島だ
2リンギット=約60円の料金を支払って入場
中には当時の弾薬庫や教会、大砲が残されている
そこにあった土産屋で店員さんに聞いてみた
P6216298_s.jpg
「お土産のためのペナントはありますか?」
「ないです」
ここにはペナントは無いとのこと、残念
他のお土産屋に移動する

次にビーチリゾートとして有名な
バトゥ・フェリンギで探すことにした
ジョージタウンから路線バスで1時間ほど離れた場所だ
P6216353_s.jpg
行くぜバトゥ・フェリンギ

街の真ん中を走るバトゥ・フェリンギ通りを中心に
高級リゾートホテルが並んでる
街の北側にはビーチがひろがっており
マリンスポーツを楽しめるリゾート地だ
P6216365_s.jpg
日頃の行いか曇りで時より雨が降る日

もちろんリゾート観光地なので土産物屋もある
ペナントを探す

バトゥ・フェリンギ通りの土産物屋を当たってみる
3件当たってみたが、全て
「お土産のためのペナントはありますか?」
「ないです」
との会話で捜索終了
P6216436_s.jpg P6216437_s.jpg P6216439_s.jpg

せっかくビーチに来たので砂浜を歩いてみる
水着で肌を焼いている人やパラグライダーをしている人
みんな楽しそうだ
P6216413_s.jpg
ペナントが見つかれば自分も仲間に入れそうなのに
とりあえず、ビールを飲んで憂さ晴らし
P6216411_s.jpg

帰り道、コンビニのような店舗だが
絵葉書を置いている店に立ち寄る
P6216428_s.jpg
もしかして・・・と思い、店員さんに聞いてみる
「お土産のためのペナントはありますか?」
「あーうちはないね、どこに滞在してるの?」
「ジョージタウンです、バスで来ました」
「だったらプランギンモールにあるよ」
思いも寄らないところで有力な情報を手に入れた
プランギンモールなら滞在中のホテルから
歩いて20分くらいの所だ
「ホントに?ありがとう!!」
お礼を言って再度バスに乗る

P6226527_s.jpg
もらった情報のプランギンモールにやって来た
地下駐車場も完備した大きなショッピングモールだ
隣に地上60階建てのコムタもある
ジョージタウンの中心的なところだ
1階から順番に土産物屋に当たっていく

P6226495_s.jpg P6226500_s.jpg P6226501_s.jpg

当たる度に
「お土産のためのペナントはありますか?」
「ないです」
の会話が貯まっていく

数件目の土産物屋さん
P6226507_s.jpg
「お土産のためのペナントはありますか?」
「あー旗の土産ならこれだね」
とマレーシア国旗を出してくれた
お土産ペナントとは違うが購入
立てる台も付いて、たったの5リンギット=150円
P6236593_s.jpg

良い買い物はしたが目的のペナントは結局見つからず
コイン式のマッサージチェアで疲れをいやす
1リンギットで3分間の癒しの時だ
P6226517_s.jpg


結果「ペナン島にはペナントはありませんでした」

調査結果を正確に報告してホテルに向かって歩いて帰る
途中、屋台街の土産物屋
P6226534_s.jpg
なんとペナント、提灯と三つの柱を形成する土産物・掛け軸を発見した
ペナン島の掛け軸だ
もちろん購入7リンギット=約210円とお手頃価格
しかも縦長と横長の2種類もある
P6236589_s.jpg
縦長の掛け軸
コムタタワーやフェリー、ペナンヒルなど
ペナン島の観光地を網羅している
7リンギット=約210円でお手頃価格


P6236588_s.jpg
横長の掛け軸
ペナン橋のみを大胆に配置したデザイン
7リンギット=約210円でお手頃価格

ペナントは無いが「ペナン島掛け軸」
これはかなりいいお土産だ
P6236585_s.jpg

自分も嫁にお土産として買った
ペナン島にお越しの際は是非おすすめの一品だ
nice!(3)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 3

コメント 3

つくだに

センスあるな!
by つくだに (2011-07-29 19:41) 

50K

ありがとうございます
by 50K (2011-07-29 22:11) 

株の入門

とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!
by 株の入門 (2014-07-02 10:56) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。