So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ルアンパバーントゥクトゥクコレクション [アジアあたり放浪の旅]

東南アジアのカンボジアやベトナムでは
1人で移動する交通手段として
とても手軽なバイクタクシーがある
街中の至る所に運転手がいて
交渉次第で安くどこでも連れて行ってくれる
なんとも便利な交通手段だ
しかし、ラオスのルアンパバーンでは
バイクタクシーがいない
交通手段はトゥクトゥクのみだ
そのため、街の至る所にトゥクトゥクが止まっている
そのトゥクトゥクを集めてみた

ルアンパバーンのトゥクトゥクには
基本2種類あるようだ
軽トラックを改造するトゥクトゥクと
バイクに荷台を取り付けるトゥクトゥクだ
まずは軽トラトゥクトゥクからご紹介

・軽トラトゥクトゥク
P6014003_s.jpg全体的に青や白を基調とした
落ち着いたデザインになっており
屋根には大きな荷物を載せる
荷台が付いている
少し離れた観光地に向かう
トゥクトゥクが多く
荷台の横に
「WaterFall」や「Cave」という
看板を掲げている事が多い



P6014001_s.jpg P6014004_s.jpg P6014015_s.jpg

P6014016_s.jpg P6014020_s.jpg P6014028_s.jpg



装飾は華美ではないが
三角や菱形の飾りが側面に施されていたり
金属の細い板がねじってあったりと
アールデコ様式のようなデザインを感じる
side_s.jpg

チャラチャラとしていない様相は
少し離れた所まで連れて行くぜ!という
力強さをアピールしているのだろうか

日本車ではダイハツが人気のようだ
後ろに「DAIHATU」と後から書いている
日本車以外だと韓国のヒュンダイ製を多く見かけた
P6014136_s.jpg

・バイクトゥクトゥク
P6014163_s.jpg軽トラと比べると小さく乗車可能人数も
少なく車体も小さくなっている
本当に街中の交通手段という感じだ









P6014007_s.jpg P6014014_s.jpg P6014058_s.jpg

P6014145_s.jpg P6014159_s.jpg P6014160_s.jpg

まず、目をひくのが側面のカラーリング
虹のような色彩で歩行者の目を奪う
斜めに青や赤や白を描いている車体が多い
しかし角度や幅など、それぞれの車体で異なっているので
ルールがあるといった感じでもない

P6014157_s.jpg
ハブのように中央からひろがる描き方や
真ん中に三角を施したデザインもある
P6014153_s.jpg

全体的に舐めたらものすごく甘いアメリカの
キャンディーを想像させる
ポップアートのようなデザインだ

もちろん、地味なトゥクトゥクもある
しかし、少数派だ
P6014164_s.jpg
街中はポップなトゥクトゥクで溢れている
その中で地味なデザインを貫くと言うことは
たぶん「不器用ですから」と言いそうな人が
運転しているに違いない
きっとそうだと思うが自分は乗ってはいないのでわからない

P6014024_s.jpg
大人数を乗せたトゥクトゥクは荷台の重みで
前輪が浮き上がりそうになってしまう
まるで10円玉を挟んだチョロQのようだ
それでもスピードを出して走り抜けていく



トゥクトゥクは観光客の足だけでなく
大きな荷物も積めるため
地元の人々の足にもなっている
屋台の仕込みを終えた寸胴鍋をいくつも積んで
走っていくトゥクトゥクや
溢れんばかりの荷物を積んだトゥクトゥクが
颯爽と通りを走り抜けていく
荷崩れが心配だが乗っている人は
いつものことのように平然と乗っている
P6014033_s.jpg

日本でもスカイツリー辺りでトゥクトゥクサービスを
展開したらはやるのではないか
ビジネスチャンスが到来したかもしれないが
自分は運転が苦手なので他の人に譲ろう

トゥクトゥクの写真を撮りまくっている途中
バスでもないトゥクトゥクとも違うかっこいい
乗り物に遭遇した
P6014042_s.jpg
これはトゥクトゥクの未来形の乗り物だと思う
乗ってみたかったが、どこで乗れるのかもわからず
断念、残念だ

P6024183_s.jpg
やっぱり乗り物は楽しい!!
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 1

コメント 2

サンバー

こんにちは!デイリーポータルZから来ました。
過積載の無茶っぷりが気持ちいいですね。最後の乗り物は見た目が欧州の路面電車っぽいのですが、何か関係あるかもしれませんね。
by サンバー (2011-06-11 08:32) 

50K

>サンバーさん
コメントありがとうございます
今、私はルアンパバーンからドンドン南に
移動しているのですが
どの都市でも気持ちいくらいの過積載を見られます
天板にも積むので電線に引っかからないか心配です
最後の乗り物は欧米系ホテルの乗り物かもしれません
by 50K (2011-06-13 16:49) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。