So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

プノンペンで勝手に交通量調査-前編 [アジアあたり放浪の旅]

東南アジアのベトナムのバイク天国は有名だ
それを聞いて前に交通量調査をした事がある
実際に調査したところ、本当にバイクの数が多く驚かされた
道の至る所にバイクが走っているのだ

今回旅行でベトナムのお隣の国カンボジアの首都プノンペンに
やってきた
カンボジアもバイクの数ではベトナムに劣らないと聞いている
実際に街を歩くとバイクタクシーが「乗らないか?」とどこでも聞いてくるし
駐輪場もバイクだらけだ
P5091543_s.jpg
自転車はあんまり見ない

これは調査しなくてはならないだろう
今回、ちゃんとした計数機も購入してカンボジアに入国している
さあ、プノンペンで交通量調査だ
バイクの数を数えよう


・セントラルマーケット前
P5101621_s.jpgプノンペンの中心に位置する市場
毎日多くの人がやってくる
ドーム上の大きな建物の中に
貴金属店や衣料品、電子デバイス、生鮮食品
などありとあらゆる物を扱っている
食堂も充実しており、安く食事を取ることもできる






プノンペンで一番大きな市場
セントラルマーケット前で調べてみた
この道路はマーケットの建物をぐるりと
囲むように一周しており
時計と反対回りに一方通行になっている
その角に立って調査開始
P5101610_s.jpg

交通量・42台 調査時間・12:16(GMT+7:00)
P5101616_s.jpg

お昼時なのもあってか交通量は思ったほどではなかった
市場と言うこともあり大きな荷物をバイクに積んで
走っている人をちらちら見かけた
バランスを崩すんではとハラハラしてしまう

二人乗りのバイクが目の前で転んだ
バイクに乗っている人は「いててて」
周りも「大丈夫かいな?」くらいの反応で
旅行者の自分だけドキドキしていた
P5101618_s.jpg
炎天下は結構暑い




・プノンペン駅前

P5121984_s.jpgプノンペンで唯一の鉄道にやってきた
セントラルマーケットから数分歩いたところにある
駅前というと賑やかなイメージがあるが
プノンペンの鉄道は運休状態との話を聞く









自分が訪れたときも
駅舎は固く閉ざされてホームも閑散としていた
P5121996_s.jpg
駅前にはトゥクトゥクやバイクタクシーの
運転手が多く、自分も「乗らない?」と
何人にも声をかけられた
P5121986_s.jpg
そんな中で計数機を取り出して調査開始

交通量・56台 調査時間・13:52(GMT+7:00)
P5122011_s.jpg
電車はこないが駅の周りは
大きな銀行の建物が多く、そこそこ賑わっている
駅前は広く、ロータリーのようになっており
バイクや自動車がくるりと回り
また大通りに出て行く

電車を中心に街ができていく日本の感覚で考えると
駅が閉鎖したままというのは驚いてしまう
その分、バイク移動が重宝されているのだろう
P5122002_s.jpg
閉鎖している駅前で




・王宮前

P5041108_s.jpgシハモニ国王が居住する王宮
入場料25,000リエル=$6.25公開されている
もちろん警備は厳重で銃剣を持った警備兵が
交代制で警備に当たっている
中は静かな庭が広がり猫も歩き
外の物々しい警備とは無縁の世界が広がる







王宮のエントランス前で調査を開始した
エントランスの警備兵の方が時折こっちを見ている
もし声をかけられたらどうしよう
なんて答えようかなと思っていたが
結局声をかけてきたのは
トゥクトゥクやバイクタクシーの運ちゃんだけだった

P5101694_s.jpg
交通量・49台 調査時間・15:43(GMT+7:00)
P5101697_s.jpg
片側2車線の広い道路、みんなのびのび走っている
広いこともあるのだろうが
王宮の前と言うこともあり
他の道路でうるさいほど聞かれるクラクションの
音はしない
しかし、警備兵の方に何も聞かれなくて良かった
P5101704_s.jpg
後ろに警備兵の人がいるのでちょっと緊張




rain_s.jpg
結構強い雨が降っても、バイクは進む
~後半に続く~
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。