So-net無料ブログ作成
検索選択

当たり前をちゃんとすること [きれいな部屋を取り戻す壮大な物語]

・惰眠を貪った休日の夕方
なにも予定のない土曜日。だらだらと惰眠を貪っていたが、嫁の無言の圧力で片付けを始めることにする。
もう17時を回った頃だ。

何をするべきか?乱雑な部屋を、眺めながら考える。
文字通り山積みになった課題を整理しよう。最初は通路の確保、荷物を運び出せる導線を確保したら、部屋の奥から片付けて要らないものを整理していく。
まずは入り口の扉が閉まるようにしよう。

P8235497_s.jpg

積み上がったダンボール箱を順に下ろし、中身を精査する。要るもの要らないものをやんわりと仕訳して、整理していく。

P8235509_s.jpg

近所のコンビニでもらったレシートに紛れて、ジャンボ宝くじが一枚出てきた。記憶をたどると、友人に付き合って高田馬場駅で買った一枚だ。何となく買った宝くじが実は高額当選した、という話はよく聞くじゃないか。これが当たれば書斎だけの家を購入することもできる。何一つ捨てることなく、すべてが解決する。片付けを中断して当選番号を確認・・・・・・。

P8275515_s.jpg

何一つ当たりはしない。末等の300円ですら4番違いだ。期待が大きかった分反動も大きい。はい、ここで休憩だ。ゴロゴロしたり、テレビを見たりと時間だけが過ぎていく。なにも言わない妻がかえってプレッシャーになるが、負けじとゴロゴロに拍車をかける。妻が夕飯を作ってくれたので食べる。その時「終わったの?」と一言だけ。なにも言えず食べ終わって片付け再開。入り口あった崩した荷物の半分も片付いていない。また孤独な戦いが始まる。買ったまま開けていないアマゾンの箱、書けなくなったボールペンを開けたり捨てたりする。
日付が変わった午前2時にようやく目処がついた。一旦必要なものを積み上げて扉の空間を開ける。
パタン。しばらくぶりに部屋の扉が閉まった。よし、今日の目標は達成だ。

P8245512_s.jpg P8245513_s.jpg

次の朝、嫁に見てもらう「扉が閉まってる!」と驚いた様子だったが、「これって当たり前だよね」と間髪を入れず言葉を発する。当たり前のことをちゃんとする。それが以外と難しいのだ。
<続く>
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。