So-net無料ブログ作成
検索選択

イラクに向かって移動 [中東あたり放浪の旅]

トルコの隣国イラク
1980年から1988年の間、戦闘が繰り広げられた
イラン・イラク戦争のイメージが強い
ちょうど自分が小学生の頃だ
遠くの国の話だったが強く怖く記憶に残っている

他のバックパッカーやインターネットを見ると
イラクの入国にはビザを取得する必要があるが
北側のクルディスタン自治区は10日間のみなら
国境で発行されるスタンプで入国できるとの情報を得た
ブログなどを見ると今年の8月に入国したとの情報もある
トルコまで来ているので是非イラクに入国したいと思い
帰国を1週間延ばしイラクに向かい出発した
トルコ・イスタンブールからバスで21時間走り
ディヤルバクルの街へ行き
そこからイラク・クルディスタン自治区の首都エルビルへの
バスに乗り換えればイラクの入国が可能とのこと

同じ経路にてノービザによるイラク入国を考えている人のため
最初に結果を言っておくと2011/10/07に入国を試みたところ
クルディスタン自治区であってもビザが必要で
入国することはできなかった
その記録というか記憶を残しておきたい

-----
イスタンブールの大手バス会社METROの事務所で
ディヤルバクルのチケットを購入
80トルコリラ=約3200円距離にして1000kmの距離だ
バス会社のスタッフに「何しに行くんだ?」と聞かれる
「ディヤルバクルからイラクに入るんだよ」と言うと
なるほどという顔をしてチケットを発行してくれた

PA067392l.jpg
翌日、トラムと地下鉄を乗り継いで
イスタンブールのバスターミナル(オトガル)へ移動
そこからディヤルバクル行きのバスに乗車する
13:00定刻に問題なく出発
21時間後にはディヤルバクル
25時間後にはイラク入国の運びとなるはずだった

途中、何回かトイレ休憩が入る
21時間の長いバスの旅、ドライブインで停車する
トイレに軽食、土産物が置いてある
ブルガリアのソフィアにバスで
移動したときにも書いたが
日本のドライブインに来たかのような錯覚に陥る
平積みにされたお菓子の箱
しかも配りやすいように小分けにされている
「トルコに行ってきました」と箱に書いてあっても
不思議には感じない
PA067422l.jpg

日が落ち周りが暗くなる
PA067430l.jpg
それでもバスは夜通しディヤルバクルに向かって進む
寝て起きて寝て起きてを繰り返して
朝の6時になっていた、窓の外では太陽が昇り始めている
PA077449l.jpg
道路標識にも「Diyarbakir」の文字が見え始め
diyr_singl.jpg
2時間後の朝8時に
ディヤルバクルのバスターミナル(オトガル)に到着した
PA077481l.jpg


とても綺麗で新しいバスターミナル内で
最終目的地・イラク:エルビルのバスチケットを探す
バス会社が集まっている一角で
「イラク:エルビルに行きたい」と言ったら、すぐに見つかった
ディヤルバクルからイラク:エルビルまで
70トルコリラ=約2800円
PA077499l.jpg
「10:30の出発だよ」とトルコ語で言われた気がする
お礼を言って、バスの発着所で待つ
30分ほど待っていたらイラク:エルビル行きのバスがやってきた
側面には「International Travel」と書いてある
ついに国境を渡りイラクに入国するのかと気分が高まる
PA077504l.jpg

指定の席に座り、定刻10:30を少し過ぎた辺りでバスが動き出した
同じように途中休憩を挟み
silop_singl.jpg
トルコ側国境の町シロピに到着、そのままバスは国境に向かう



トルコ側国境出入国管理事務所
PA077558l.jpg
乗用車やトラック、バスが列をなして出国を待っている
乗務員にパスポートを渡し免税店で待つ
1時間程で全員の出国手続きが終了したようだ
バスのクラクションが鳴らされ、全員集合
バス内で名前を呼ばれパスポートが返される
自分も名前を呼ばれるのかなと思っていたら
ジャパニーズ!」と言われ
席まで持ってきてくれた、ありがとう
手の中のパスポートには
今日の日付のトルコ出国スタンプが押してある

バスはゆっくりとトルコ・イラク国境の橋を渡り
数分でイラク側出入国事務所へ
全員バスを降ろされパスポートコントロール
パスポートを管理官に渡し待つ
30分後同じバスの他の人が呼び出され
パスポートを受け取る中、自分はなかなか呼ばれない
その時はちょっと心配だなぁくらいにしか思っていなかった
「KEI!」自分の名前が呼び出された
急いで管理官の所に行くと「ビザで問題がある」と一言
「クルディスタン自治区はビザなしで入国可能と聞いてきた」と
説明しても首を横に振るだけ
しばらく待たされて、再度呼び出される
「これではイラクに入国できないのか」と聞くと
「そうだ、アンカラに行ってイラクビザを取ってきなさい」
結局、イラクビザが必要という事は変わらなかった
乗務員と一緒に戻り、バックパックを降ろしてお詫びをし
ここでバスとはお別れになった
エルビルまで向かうバスが小さくなって見えなくなった

・・・さて、感傷に浸っている暇の無い
状況としてはトルコを出国したがイラクに入国できず
記録的には世界中のどこにも存在していないことになっている
これ以上ない究極の宙ぶらりんな状態
まずはトルコに戻ろうトルコに向かって歩き始めるが
荷物チェックを受け、その後トルコへの橋に差し掛かったところで
迷彩服のイラク軍の軍人さんに呼び止められる
「イラクビザがないので入国できませんでした、トルコに帰ります」
と伝えパスポートを渡す
リーダのような軍人さんがパスポートをチェックする
その間、不安が顔に出ていたためか、横の若い軍人さんが、
微笑みながらこっちに近づいてきてくれ
私のほっぺたをぷにぷにとつまんだ
おかげでなんだが緊張がちょっと解けた気がする

数分後パスポートが帰ってきて、兵隊さんにお礼とお詫びをして
国境の橋を歩いて渡る
写真には撮ることができなかったが下に川が流れ
のんびりとした風景が広がっている
振り返ってイラク側を見ると
水平三色旗で上から赤色、白色、緑色の中央に
21本の光を放つ黄色の太陽が描かれている
クルディスタンの旗と
水平三色旗で上から赤色、白色、黒色の中央に
「アッラーフ・アクバル(アッラーフは偉大なり)」と記された
イラクの旗が並んではためいていた

とりあえず記録には残っていないが
記憶ではイラクに入ることができた様だ

PA087986l.jpg
イラクに入って、すぐに戻った軌跡
nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 1

コメント 1

keroro

50Kさん はじめまして

私事ですが、イラン・イラク戦争の頃、イラク各地を仕事で回っていまして、
モスール(Mosul)からトルコ国境近くのドホーク(Dohuk)に行ったことがあります。夜景の素晴らしい町でした。

その当時、モスールからエルビルを通るルートは非常に危険で、実際に日本人が誘拐された事件もあったようです。

その後、イラク国内も様々なことがありましたが、このブログを拝見してとても懐かしく感じました。


by keroro (2011-10-12 23:05) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。