So-net無料ブログ作成
検索選択

フライドバイでエコノミーファースト [中東あたり放浪の旅]

ドバイというとお金持ちの国というイメージがあって
みんな飛行機はファーストクラスなイメージがあるが
ローコストキャリアも就航している
その名もフライドバイだ
2008年にエミレーツ航空のグループ会社として設立され
ドバイ-アンマン・ベイルート感で運行を始めた
今では中央アジアやアフリカにも就航している

PA027342s.jpg
今回、ヨルダン・アンマンからトルコに行くのに
ドバイに立ち寄って行くことにしたため
フライドバイを利用することにした

ヨルダン・アンマンからドバイと
ドバイからトルコ・イスタンブールまで
それぞれ約12,000円くらいで飛んでいける
ドバイまでは高級な飛行機でしか行けないイメージがあったが
LCCで行けるとわかって、グッとドバイが近づいてくれた

チケットはフライドバイのサイトから購入ができる
LCCなので機内食・ドリンクは別料金
預け荷物も重さによって別料金がかかる
20kgで約1000円くらい
購入時に座席を指定すると指定料が200円くらいだ
クアラルンプールを起点に各地に就航しているエアアジア
同じような料金形態になっている
何故、安いか明確にわかるので、とても安心できる

飛行機は大変に新しく、綺麗だ
左右に3席ずつの1列6席の配置
P9306796s.jpg
今回は翼近くの窓際を指定することにした
座席には機内誌と安全のしおり、エチケット袋のみが
設置されている
P9306798s.jpg
機内誌にはいろいろな免税品と食事やドリンクの紹介が盛りだくさんだ
中には金の延べ棒を模した香水などもあってドバイを感じる
PA016814s.jpg

機内映画も一部有料だ
映画は25ディルハム=約500円、テレビ番組は5ディルハム=約100円
決済はその場でクレジットカードが使える
PA016811s.jpg
なんとも無駄のない料金形態で驚いてしまう
もちろんビールも有料、15ディルハム=約300円
「ビールと一緒にピーナッツどう?」と
言われたのでピーナッツも頼む5ディルハム=約100円
アテンダントの売り込みも無駄がない
PA027324s.jpg

ヨルダンからドバイもドバイからトルコも
機内は空いていて自分の席の横2席は空いていた
他の席も結構空席が多いようだ
皆、3席を使って横になっている
PA027327s.jpg
エコノミーファーストな状態だ(エコノミースリーパーとも言う)
自分もビールを飲んでいい気分になったので横になる
PA027328s.jpg
とても快適、横になったまま上空10000m以上の高さで
高速で移動していると思うと不思議な気分だったが
そのうち眠気が襲ってきて寝てしまった

お金持ちなイメージの国・ドバイからのフライトで
思いがけずファーストクラスのような経験をさせてもらえた
自分がお金持ちになったら、またドバイに来よう
その時ももちろんフライドバイだ
PA016826s.jpg
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。